2017年11月17日

石垣島はシュノーケリングでウミガメにも会える場所として人気です

その優雅に泳ぐウミガメの姿は感動ものですし、その大きさにも驚きますが、愛らしい動きにも魅了されてしまう人が多いです
水中をふわふわと泳ぐ神秘的なウミガメを近距離でみることができ、一緒に泳ぐことができます
ウミガメのイメージだとゆっくりしてそうですが、意外と早く泳ぐことが得意で最高時速30kmくらいのスピードで泳ぐこともありますので、驚かせてしまったり人間に警戒心をもたれてしまうとあっという間に見えないところまでいってしまうこともありますから、こっそりと気づかれないようにしながら観察しましょう

透明度が高い石垣島の海はシュノーケリングが100%楽しめること間違い無し
豊富なサンゴと、それに群がる色とりどりの熱帯魚たちも魅力いっぱいです

石垣島の近くにあるバラス島の沖ではウミガメとの遭遇率がなんと90%とも言われていて、高い確率で実際にウミガメと出会うことができるのです
バラス島へ船で移動してシュノーケリングを楽しめるツアープランを、石垣島のマリンショップでよくやっていますし、現地に住んでいるガイドさんがきちんとウミガメと会えるスポットを案内してくれますから安心です


2017年10月23日

11月でもまだまだシュノーケリングを楽しめるほど暖かな石垣島

本土の方では11月となるともう冬の始まりに突入し、長袖を準備したり、暖房機器を用意し始めたりとすっかり寒支度となります

石垣島ではまだ半袖の人もいるほどであり、いよいよちょっと涼しくなってきたかな?といった感じです
時折ふく北風があると寒さを感じることもありますが、日中はまだまだ温かい日が多く、日焼けするほどの日差しです
朝晩の冷え込みもありますし、海へ向かう際には身体が冷めないように羽織れる長袖の衣類はご準備されたほうがいいでしょう

シュノーケリングではウェットスーツを水着の上に着ればもう問題なし!十分に石垣島の海を体感することができます

冬に近づき、気温が下がれば海の透明度も高くなり、海面の色が夏とは変わって見えるようになります
これからだんだんと、冬が近づくにつれてシュノーケリングに適した状況となっていきます

海水浴場によっては11月にはクローズしてしまっている場所もちらほら出てきてしまいますが、まだまだシュノーケリングに適したオススメスポットは多数存在します


2017年10月12日

友人や家族などの旅行と違って気を使うこともなく、
自分の好きなタイミングで、好きな場所へ向かえる

それが1人旅行の魅力であり、実際におひとりで様々な場所へ旅行で訪れる人が増えてきています

石垣島へも毎年、1人旅で訪れる方が多くいらっしゃいます

石垣島へ来たからにはシュノーケリングをやってみたいという希望も多いですが、ほとんどのツアーはだいたい2名以上から行う事が多く、一見するとなかなか1人旅ではシュノーケリングすることが難しいのかなと思ってしまうこともあります

しかし、直接問い合わせてみるとすんなりと受け入れてくれることもあります

安全面だったり、効率の問題から2名以上にしていることもありますが、予約が少なかったりすれば1名でもガイドさんが専任で着いてくれたり、あるいは他の1人客の方とペアを組んで楽しむこともあるようです
これはどういった対応になるのかきちんと事前に確認してみたほうがいいでしょうね

こういった旅を通して1人旅の人同士が仲良くなったりするのも魅力の1つです